導入コストと手間を軽減|給与計算システムを導入する|申請承認フローを効率化

給与計算システムを導入する|申請承認フローを効率化

導入コストと手間を軽減

ウーマン

企業内において必ず行なわれている日常業務の一つである申請・承認業務と呼ばれるものが存在します。その業務は、日常業務にも関わらず効率の悪さが解決すべき課題となっていました。ワークフローシステムを導入することによって、申請・承認業務を効率化することが可能です。ワークフローシステムというのは、申請書や承認印等を全てデジタル化し、上司や各担当者への承認依頼から承認完了までをシステム上で行なうことのできます。このワークフローシステムを導入する時には、オンプレミス型のパッケージとクラウド型のパッケージのどちらかを選ぶことになるでしょう。

オンプレミス型とクラウド型の違いというのは、導入形式の違いにあります。オンプレミス型のワークフローシステムは一般的なシステム導入形式で、クラウド型はインターネットを介してシステムを利用する新しい導入形式となっています。それぞれメリット・デメリットが異なりますが、ここではクラウド型ワークフローシステムについて知って行きましょう。クラウド型ワークフローシステムを導入する際に得られるメリットというのは、導入に掛かるコストと手間が掛からないという点にあります。オンプレミス型の場合、導入時に細かな設定を行なう必要がある他、コストが大きく掛かってしまうのです。クラウド型であれば、コストを大幅に削減することができるだけでなく、細かな設定を行なわずとも使用できるため手間が掛かりません。パソコン操作が苦手であったり、ITに関する知識が少なかったりする企業や、導入コストを安価に抑えたい企業が存在するのであればクラウド型ワークフローシステムの導入をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加